2018/10/09

2020への課題

2020年の東京五輪に向けて課題山積のニッポン。思いついたら書き足すということで…

・タトゥー(入れ墨)をした人が公衆浴場には入れるか?
・喫煙できる場所をどこにするか?
・民泊施設はどれくらい増えるか? 法的整備はどうする?
・シェアライド。タクシー業界との棲み分けはできるか?
・多言語標識
・Free WiFi
・夜のエンタメ施設と鉄道の深夜営業
・世界で最もやかましい駅の構内放送をどうするか。(この際なくしてほしい。多言語放送になったら最悪)
・駅の男子トイレで清掃に当たるおばさん
・鉄道自殺対策。ホームドアの設置
・オリンピックまで生きることを目標にしてきた高齢者のその後の生きがい

2013/02/01

峯岸みなみの坊主頭を見て

朝起きて、何気なくテレビをつけると「スッキリ!!」がやっていて

AKB 峯岸みなみの坊主頭が目に飛び込んできた。

何事かと思えば、お泊まりデートを週刊誌の記事にされたとのこと。

で、これはAKBのルール違反らしい。

そのため反省をこめて頭を丸めた。

男子ならまだ分かるが、女子の坊主頭を見るのは、イタイタしい。欧米人なら、フランス国民が国内のナチス協力者とされる女性を坊主頭にした件を想起するかもしれない。

芸能界で、アイドルは男女交際禁止という不文律があるとは聞いていたが、実際二十歳にもなる女性が、お泊まりがばれたから坊主にするというのは、どうかと思う。

アイドルの追っかけ経験がないので、追っかけの気持ちは分からないが、やっぱアイドルがつきあっちゃダメ??

司会の加藤浩次さんもそのようなことを言っていて、同意見。

テリー伊藤は、プロデューサーの立場だから、アイドルは「国民のおもちゃ」的な発想。ルールに従うのは当然だと言う。予想どおり。

面白かったのは、国際弁護士の八代英輝氏の発言で、「そういうルールがあるのを知っててAKBに入ったんだから、ルールを守らなければ」という発言。ちょっと意外。

この出来事からわかること

     ↓
日本のグループには、そのグループごとにルールがあり、それが絶対である。(時には法律より大事? 欧米と違って訴訟社会ではないので、かなり違法性があってもほっぽらかされている)
ルールとは古い言葉で言えば、だ。そしてその掟は必ず守らなければならない。疑いを持つことも許されない。
たとえそれが、現代社会の常識からずれていたとしても。
(他の例)
・男女交際禁止の校則(校長の裁量で認められているらしい)
・相撲取りの自動車運転禁止
ちなみに、宝塚歌劇団は恋愛禁止ではないそうです。
他に何がある?
・お笑い芸人は、番組制作者を訴えてはならない
というのもありそう。
昨年、スギちゃんが高さ10メートルの飛び込み台からプールに飛び込み、怪我をした。直ったからよかったけれど、半身不随とかになったらどうするんだろう。一筆書かされていて、承知の上やっているのか。(患者が手術前に医者に書かせられるようなものを)
欧米的に見れば(「オーべーか」と言われそうだが)、日本のお笑い芸人やタレントは、人権を相当制限されている。熱湯の入ったプールに海パン一丁で無理やり押し込まれるとか、欧米ではあり得ないだろう。(だから、日本のバラエティーはおもしろいんだけど。)

体罰という暴力

大阪市立桜宮高校のバスケ部キャプテンが顧問の体罰により自殺した事件に端を発し、

駅伝やレスリングなどで有名な他校でも、体罰が行われていたことが露見した。

この問題は、学校だけにとどまらず、

柔道女子の代表選手も監督やコーチから暴言、暴力を受けていた。

少し前には、相撲部屋で新弟子が親方や兄弟子にリンチを受け、死亡する事件もあった。 

まだまだ日本のスポーツ界には、封建的体質が残っている。

時あたかも東京オリンピック招致の真っ最中である。

これを機に、日本のスポーツ界から、選手に暴力を用いて 従順と根性を強いる 指導者を一掃してもらいたい。 

2012/07/13

経験したことのない大雨

主語を補う

気象庁が使った「これまでに経験したことのない大雨」という表現。以前使っていた、総雨量が何ミリ、気圧が何ヘクトパスカルではピンと来ない、という被災地の人たちの意見を取り入れ、今回初めて、長文形式に加えて、使用されたという。

たしかに、雨量や気圧配置について詳細に長々と書かれても、危機感を喚起しにくい。「経験したことのない大雨」と言われれば、「これは一大事!」ということで行動につながりやすい。早めの避難で助かる命もふえるだろう。


ただこの短文情報、情報量が落ちた分、注意が必要だ。


「これまでに経験したことのない」の主語はいったい何か?


人類? 日本人? 九州に住む人? ある特定の地域に住む人?


日本語は主語を省略できる言語だから、このへんが曖昧になりやすい。主語によって、その人の経験の範囲(時間の長さ)が変わってしまうのだ。

NHK NEWS WEB 24に出ていた解説者によると、「これまでに経験したことのない大雨」とは 「ある地域で50年間に1度あるかないかの大雨」のことだそうだ。ということは、主語は「ある特定の地域に住む人」ということになる。


そして、「これまでに経験したことのない」は「未曾有の」の言い換えではないことがわかる。(未曾有:今までに一度もなかったこと [明鏡国語辞典])


そんなの文脈から明らかだよ、と言うかもしれないが、動詞だけの文を見たとき、一応確認のため、主語は何か考えるクセをつけるのはムダではないと思うのである。


 
 この度の豪雨で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

(ぬ)

2012/03/10

A year after the earthquake, building a new Japan

3.11から1年を迎えるにあたり、野田首相は9日、The Washington Postに寄稿しました。

http://www.washingtonpost.com/opinions/prime-minister-yoshihiko-noda-japan-has-made-remarkable-progress/2012/03/07/gIQA7AX61R_story.html

クウェートにもお忘れなく。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201110120697.html

2011/11/01

日本のユネスコへの拠出割合

UNESCOがパレスチナの加盟を認めたことに対し、アメリカは遺憾で時期尚早だ(regrettable and premature)と反発しました。イスラエルとつながりの深いアメリカとしては、まあそういう立場なのでしょう。

日本はアメリカに賛成せず、投票を棄権しました。アメリカはユネスコへの拠出金を凍結すると言い出しました。アメリカの拠出金の割合は全体の22%で世界第1位です。…と、ここまで報じてNHKは次のニュースに行きました。なぜ? なぜ、日本の拠出金の割合を言わないのか? 

仕方ないから調べました。2010年 1位アメリカ22.0% 2位日本12.5% 3位ドイツ8.0% 4位イギリス6.6% 5位フランス6.1%です。日本は43億2千万円、拠出しています。…アメリカのことだけ取り上げ、我が国のことを一切言わないNHKとはいったい何なのでしょうか? 

棄権とはいえ、日本がアメリカと違う立場を示したことを評価したいと思います。

2011/07/24

なでしこプロ契約選手の数

なでしこリーグ所属選手のうち、プロ契約しているのは5人。それ以外は、OLなど仕事をしながら就業時間後や夜間、練習しているそうだ。「ハングリー精神がW杯優勝に導いた」みたいなことを澤(だったかな?)が言ってたけど、まだ日本にハングリー精神が残っていたとは、新鮮な驚きだ。ちなみに、アメリカの女子サッカー人口は167万人で、日本は4万6000人だという。約36分の1。ハングリー精神、恐るべし。

無料ブログはココログ