2012/09/19

反日暴動が予感させること

中国で反日デモ(暴動)の嵐が吹き荒れている。襲撃される
日本企業の映像を見て、とても悲しい気持ちになった。

なぜ中国当局は、暴徒の破壊行為や略奪を止めようとしない
のか? 

「愛国無罪」なので、愛国的行為は罪を問われないという。
そんな理屈が国際社会で通るはずもない。常任理事国である
大国中国とは思えない「国際非標準」だ。

今回のバンダリズム(破壊行為)の中心は、映像を見る限り、
20〜30代の若者が中心。

反日教育、ボーリンホウ(80后)、一人っ子政策、小皇帝、
蟻族といった言葉が浮かぶ。

仕事を持たず、不満が日々鬱積している若者が多いことも想
像できる。

彼らにとって、反日デモはかっこうの憂さ晴らしになったの
だろう。 

20年後、彼らが社会の中心になったとき、中国はどうなっ
てしまうのか不安を覚える。


それにしても群集心理とは恐ろしい。共産党がこの国を治め
る困難さがよくわかる。群衆に、いったん火がつき暴徒化す
れば、軍も警察も止められないだろう。

それに、軍が制圧に乗り出せば、すぐに国際社会から「人権
無視」と非難される。(天安門事件で懲りている。)かとい
って、放っておくわけにもいかない…。


あの若者たちのノリは、何かに似ている…と思ったら、学生
時代にやった「イッキ飲み」を思い出した。周囲にけしかけ
られ、普段やらないことまで平気でやってしまう。みんなが
喜んでくれるから自分も楽しくてしかたがない。

若者たちの不満の矛先は、今は反日でも、今後反共産党、反
富裕層、反権力に向かうことは、テレビのコメンテーターに
言われなくてもわかる。


共産党の舵取りはますます難しくだろう。

やはり近い将来、中国は分裂の道をたどることになるのか。

一つのイデオロギーで、あれだけ多くの、そしてさまざまな
欲望と主張を持った民衆を束ねていくのは至難の業だ。


反日デモ(暴動)は若者たちにとって「祭り」だった。五星
旗を振り笑顔で参加する者、スマホで写真や動画を撮りまく
る者…。

リアルタイムで発信され拡大する情報を、当局はコントロー
ルできない。


今回の暴動は、中国の近未来を予感させる出来事だ。

チャイナリスクの最悪のシナリオを想像し、先読みしておく
ことが必要である。

2012/06/11

ロンドン五輪、開会式を楽しむために(4)

ロンドン五輪の開会式までに、ショーのモチーフになる 『テンペスト』について知ろう!のシリーズ、第4回です。一応、最終回です。

今回は、主要登場人物とあらすじをみておきましょう。

-----
主人公:プロスペロー(元ミラノ大公)
娘:ミランダ

2人は、プロスペローの弟、アントニオーの陰謀により国を追われ、流れ着いた絶海の孤島で魔法を研究しながら暮らしていた。

12年後、ナポリ王アロンゾー、ミラノ大公アントニオーを乗せた船が大嵐 (tempest) に遭い難破、主人公と娘が住む島に漂着する。

実はこの嵐、主人公が手下の妖精アリエルに命じ、魔法の力で引き起こしたものだった。12年前の復讐をするために。

悪役のアントニオーは、ナポリ王の弟セバスティアンを唆し、王殺害を計る。 

また、島に住む怪獣キャリバンを味方につけ、兄プロスペローを殺そうとする。

いずれも妖精アリエルの魔法により未遂に終わる。

ナポリ王子ファーディナンドは主人公の娘ミランダと恋に落ちる。

主人公の復讐は成功し、さらなる復讐を考えるが思いとどまり和解する。ファーディナンドとミランダの結婚式が執りおこなわれる…。
-----

一言でいえば、王位をめぐって巻き起こる復讐と和解の物語です。

魔法を使うのも、イギリスらしいですね。

有名な台詞がいくつかあるようですが、そのうちの一つが怪獣キャリバンの台詞です。

Be not afeard. The isle is full of noises,

Sounds and sweet airs that give delight and hurt not.


The isle = The island → 大ブリテン島です。
noisesにはネガティブな意味もありますが、ここではSounds and sweet airsと続き、give delight and hurt not (=do not hurt) とあるので、心地よい音と考えられます。

開会式の芸術監督、ダニー・ボイルは、この大ブリテン島に響きわたる不思議な noises を鐘の音で表現します。そのため、重さ23トンもある鐘を特別に製作したそうです。

世界各国から集まったアスリートたちを歓迎する鐘。
どんなことも可能にしそうな不思議な鐘。

いったいどんな鐘の音が響きわたるのでしょうか。 開会式がとても楽しみです。

ロンドン五輪、開会式を楽しむために(3)

ロンドン五輪の開会式までに、ショーのモチーフになる『テンペスト』について知ろう!のシリーズ、第3回です。

今回は、『テンペスト』を書いたシェークスピアについて、クイズ形式で学びましょう。

全部で10問あります。(6点以上で合格です。) 

Q1: シェークスピアはどこで生まれましたか?
a) ウインブルドン
b) ダブリン
c) ストラットフォード・アポン・エイボン
d) マンチェスター

Q2: 戯曲家になる前にどんな仕事をしていましたか?
a) 郵便配達人
b) 手袋職人
c) 靴職人
d) 消防士

Q3: 結婚したのは何歳の時ですか?
a) 18歳
b) 22歳
c) 26歳
d) 30歳

Q4: シェークスピアの戯曲が数多く演じられた劇場といえば?
a) 世界座
b) 王国座
c) サークル座
d) グローブ座

Q5: シェークスピアはどれくらいの数の作品を残しましたか?
a) 劇、1   ソネット(14行詩)、38  史劇、154
b) 劇、54 ソネット、5   史劇、38  
c) 劇、54 ソネット、38 史劇、5
d) 劇、38 ソネット、154 史劇、2

Q6: 1613年にQ4の劇場で起きたことは?
a) オープンした。
b) 火事で焼失した。
c) 地震で崩壊した。
d) 閉鎖された。

Q7: シェークスピアが作った語はどれくらい?
a) 3語
b) 30語
c) 約300語
d) 約3,000語

Q8: 引退後どこで暮らしましたか?
a) ウインブルドン
b) ダブリン
c) ストラットフォード・アポン・エイボン
d) マンチェスター

Q9: 何歳で亡くなりましたか?
a) 42歳
b) 52歳
c) 62歳
d) 72歳

Q10: 次のうちシェークスピアの4大悲劇でないのは?
a) 『ロミオとジュリエット』
b) 『リヤ王』
c) 『ハムレット』
d) 『オセロー』

答えは

 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 |
 ↓


Q1: c(「エイボン川沿いにあるストラットフォード」という町)
Q2: b
Q3: a(8つくらい年上の姉さん女房だった)
Q4: d
Q5: d
Q6: b(『ヘンリー8世』の上演中、大砲から出た火によって火事になり焼失。翌年再建。)
Q7: d(すごい数!)
Q8: c
Q9: b
Q10: a

ロンドン五輪、開会式を楽しむために(2)

『テンペスト』に関する基礎知識を「付け焼き刃的に」学んでいきましょう。(笑) 目標は、普通のイギリス人の知識にできるだけ近づくことです。

1.まず、『テンペスト』は、ウィリアム・シェークスピアの戯曲です。

2.今、NHK総合で放送されている、仲間由紀恵主演のドラマ「テンペスト」とは、直接関係ありません。

3.Tempest に一番近い、やさしい単語は、storm です。

Oxford Dictionary of English [以下、ODE] には、"a violent windy storm" (かなり激しい嵐)とあります。

嵐は何を象徴しているのでしょう? 波乱に富んだ人間ドラマを予感させます。

4.『テンペスト』が書かれたのは、1610-1611と言われています。当時のイギリスは、ジェームズ6世 (James VI) の治世下でした。

5.『テンペスト』は、シェークスピア 一人によって書かれた最後の戯曲とされています。(戯曲は、いろんな人と組んで書くことも多かった。)

今回はこのあたりで。

ロンドン五輪、開会式を楽しむために(1)

7月27日のロンドン五輪開幕まであと46日です。 
 
毎回趣向を凝らす開会式がとても楽しみです。

この3時間に及ぶ開会式の芸術監督は、アカデミー賞監督のダニー・ボイル。シェークスピア原作の『テンペスト』にインスパイアされたショーになります。

Boyle described the show's narrative as the recovery of land that has been poisoned by industrial legacy.
(ボイルによれば、ショーの中で語られるのは産業社会の遺産によって汚された国土の再生だという。)

The ceremony will commence /(開会式は始まる) 
with the ringing of a specially commissioned bell /(響き渡る特注の鐘の音とともに

inscribed with a line from The Tempest: /(『テンペスト』から引用された台詞が刻まれた)

"Be not afeard; the isle is full of noises." (「恐れるなかれ、島が喧噪に満ちていても」)

(拙訳、Numan)

2012/06/02

NYの肥満対策

NYのブルームバーグ市長が、肥満対策にのりだした。

レストランや映画館で販売できるソフトドリンクの量を473㎖(=16 oz. )までに制限するという。(oz. = ounce、1オンスは約30㎖)

それほどまでアメリカ人の肥満は深刻化している!

前から気になっていたことがある。それは、マクドナルドが日本とアメリカで売っているドリンク量(SML)の違いだ。

この際調べてみた。(コーラの場合で、単位は ㎖ )


     日本     アメリカ

S    300     453
M    360     594
L    660     905


アメリカのSサイズは、日本のMサイズより多い!(日本のMサイズが少なすぎるとも言えるが。買う時は、SかLにしないと損する。Mは ㎖単価が一番高い。)

アメリカの Lサイズは1ℓに近い。
映画館で Large (※アメリカで注文する時は、L, M, Sと言わずに、Large, Medium, Small とスペルアウトする)を飲みながら、バケツくらいの大きさの巨大カップに入ったポップコーンを--それも溶かしバターをたっぷりかけて--むしゃむしゃ食べるアメリカ人…。

ニューヨークに住む5人に1人は肥満だという。

自由の国アメリカの主要都市ニューヨークで、人が何を飲むかに市長が口を出すという、考えさせられるニュースだった。

[ Source: 1 ]


2012/05/02

オーエン選手の訃報

今朝は、ショッキングなニュースに飛び起きた。

目覚まし時計をアラームではなくラジオにセットしているのだが、7時のニュースの冒頭、アナウンサーが「…オーエン選手が死亡しました。」と言ったのだ。

アレクサンダー・ダーレン・オーエン。北島康介選手の友人であり、最大のライバル。ロンドン五輪で、二人が金メダルをかけて泳ぐ姿を楽しみにしていただけに、とても残念だ。


母国ノルウェーの人たちが受けた衝撃はいかばかりだろう。
ノルウェーのonline 新聞(英語版)を読んでみた。

-----
Aftenposten(=The Evening Post)の記事 + (拙訳):

The 2011 world 100 metres breaststroke champion, Dale Oen was one of Norway's best hopes for a medal at this year's London Olympics.

(100メートル平泳ぎの2011年世界選手権の優勝者、ダーレ・オーエンは、ロンドン五輪で最もメダル獲得が期待された選手の一人だった。)


His bronze medal at the 2006 short course championships was the first for a Norwegian man in a world swimming event.

(2006年の世界短水路選手権での銅メダルは、世界大会におけるノルウェー人最初のメダルだった。)


He also won his country's first Olympic swimming medal when he took silver in the 100m breaststroke in Beijing in 2008.

(彼はまた、2008年の北京五輪において、100メートル平泳ぎで銀メダルを獲得し、水泳競技でノルウェーに初のメダルをもたらした。)


However, it was at the 2011 world championships in Shanghai that he became a real national hero. After he swam to victory in the 100m breaststroke final, three days after the July 22nd terrorist attack, he dedicated his triumph to the Norwegian people.

(しかし彼が真の国民的ヒーローになったのは、2011年の世界選手権(上海)においてだった。100メートル平泳ぎ決勝に優勝した後、この日は7月22日の連続テロ事件(*) の3日後だったのだが、オーエンは勝利をノルウェーの人々に捧げたのだ。)
(*) 注:オスロ政府庁舎の爆破、ウトヤ島での銃乱射により、77人が殺害された事件。犯人は極右思想を持つキリスト教原理主義者。(Wikipedia)

- Alexander Dale Oen was a great sportsman in a small nation. My thoughts are with his family and friends, said Prime Minister Jens Stoltenberg.

(アレクサンダー・ダーレ・オーエンは、小さな国の偉大なスポーツ選手だった。彼のご家族や友人に心からお悔やみ申し上げたい。--ジェン・ストルテンバーグ首相)


"Norwegian sport has lost a sporting hero, not just because of his performances in the pool, but also because of his manner," said Børre Rognilen, president of Norway's Olympic Council.

(ノルウェーのスポーツ界は、ヒーローを失ってしまった。彼は、プールの中のパフォーマンスだけでなく、立ち居振る舞いにおいても素晴らしかった。--ノルウェーオリンピック委員会会長)


- To my greatest rival. My greaatest friend. My brother in breaststroke. May you rest in peace, wrote swimmer and competitor Cameron van der Burg on Twitter.

(我が偉大なライバル、最高の友、平泳ぎ仲間へ。安らかにお眠りください。--キャメロン・ファンデルバーグ [注:南アフリカのスイマー、50m平泳ぎの世界記録保持者] のツイート)


Last January Alexander Dale Oen was chosen Norwegian athlete of the year 2011 by Norwegian sports journalists.

(去る1月、アレクサンダー・ダーレ・オーエンは、ノルウェーのスポーツ・ジャーナリストたちにより「2011年最も活躍したスポーツ選手」に選ばれている。)

(Source: NRK/Aftenposten)
-----

北島康介選手のコメント:
「良き友、良きライバルであった彼の突然な死に驚いています。この1年、彼を目標にしてきました。五輪で戦えることを楽しみにしていたし、彼も五輪を楽しみにしていたと思います。まだ信じられません。」

-----
ライバルの急死というショッキングな出来事。今後オリンピックに向けて、北島選手はどうモチベーションを上げていくのだろう。心の張りを取り戻すのは大変そうだ。

けれどもきっと彼のことだから、心身共に最高のコンディションで、試合を迎えるに違いない。そして、オーエン選手の思いを胸に、ひとかき、ひとかき、心をこめて泳いでくれるに違いない。


2011/11/28

バーリンホウと上海の家庭教育

【参加イベント報告】
11月27日(日)に、J市民プラザで開かれた講演会に行ってきました。

「中国の新人類、八十后(バーリンホウ)を語る」(講師:王しん=金が3つ)

まとめ:
1979〜 一人っ子政策 80〜89 生まれ = バーリンホウ          2億2千万人(総人口の14%)

バーリンホウの特徴:一人っ子、自己中心的、ネット中心の生活、開放的な思想、競争の世代               
四川大地震の際、ボランティアとして大活躍


蟻族のほとんど(大学卒業後、職に就かず集団で暮らす若者たち)
大卒の3分の1以上が就職していないというデータがある。

上海の家庭教育(小中高)                
 子どもに家庭教師をつけている 46.5%        
 子どもに留学を希望する    47.2 %          
 子どもに大学進学を希望   92 %          
 子どもにかけている教育費 総収入の23.6%       
 子どもの睡眠時間 7〜8時間(東京9時間)



※上海の子どもたちはPISA国際比較テストで世界1位



上海市教育委員会のパンフより。子どもの絵の吹き出しに入っている言葉。( )はぬうまんの言い換え 
       
・私を抱っこして成長させないでね!(私を甘やかさないでね。)一人っ子なので小皇帝あるいは小公主(プリンセス)として育てられている。一人っ子は6つのポケット(=父方の祖父母、母方の祖父母、父、母)を持つといわれる。               
・私に民主的家庭雰囲気がほしい!(大人がなんでも決め、子どもに決定権がない)        
・私は遊びたい!(勉強や習い事で忙しい)       
・私は友達が欲しい!(大人ばかり周りにいて、同世代の子どもと遊ぶ機会が少ない。)

                            
 中国の今がよく分かるお話でした。    

無料ブログはココログ