2014/05/26

公・私・公共の三元論(抜き書き)

2011/12/04

東京新聞(2009.6.17  公共哲学協働研究所の金泰昌所長は「徳川幕府は兵営国家、明治政府は官営国家として、民意より官憲を優先した。長い間、日本人は国家と個人の間に何事も認めない体制の中で官に従って生きてきた。民主主義の前提である市民の自主性・自発性・当事者性が身についていない」とした上で、「国家と個人の中間にある市民による主体的な活動は、個人を国民として一元化しようとする国家の在り方をより多元的に開かれたものに変えていくものだ」と語った。

信じることから(抜き書き)

・・・人生に何らかの意味を見いだせるかどうかは、その人が心から信じら

れるものをもてるかどうかという一点にかかわってきます。・・・(中略)

・・・何かを信じるということは、信じる対象に自分を投げ出すことであ

り、それを肯定して受け入れること・・です。それができたときにはじめ

て、自分のなかで起きていた堂々めぐりの輪のようなものがプツリと切れ

て、意味が発生してくるのです。これに対して、信じられるものがなけれ

ば、自分一人でぐるぐる回っているだけですから、意味は生まれません。人

の人生というのは、「自分の世界」だけでは決して完成しないようにできて

いるからです。 (姜尚中『続・悩む力』、p.145

2014/05/24

中高生のための「かたづけ」の本

岩波ジュニア新書には、大人が読んでも参考になる本がたくさんある。
この本もその一冊。以下、頷きながら読んだ箇所。

ーーー

中高生のための「かたづけの本』、杉田明子・佐藤剛史 著


かたづけ(全部出す
分ける選ぶ収める)において大切なのは、モノの持ち方を徹底的に見直し、モノを選ぶ力をつけること。


捨てるモノが多い = 選ぶ力が弱い

※「これでいい」ではなく「これがいい!」と思うものを選ぶようにする

収納の適正な割合:6~8割(本棚にはスペースを設ける。鉛筆立てには使うモノだけ入れる。選ぶときに時間がかかる)

※間を埋めない!(日本の「間の文化」はどこへ行った!?)

書類は積まない=立てて収納

その季節に着る服はハンガーに掛けて収納(たたむのは下着類とタオルだけ)

ーーー

2012/07/20

ダイエットは楽しい

レコーディング・ダイエットを始めて2か月ちょっと。

みるみる痩せたと言えないが、ちびちび痩せてきたみたい。

心も軽くなってきた。

ダイエットは楽しい!


途中経過

      体重    体脂肪率 
5/24 ....... 87.6 kg ........ 30.1 %
7/14 ....... 85.0 ............. 29.3

7/20 ....... 84.0 ............. 28.9

( 8/24 ..... 81.6 ............. 24.9 ) ←目標(6 kg 減)


体脂肪量

体重 × 体脂肪率 = 体脂肪量
84.0 kg ..... 28.9 % ......... 24.3 kg


あらかじめ、目標値に向かう、右肩下がりの直線を引いておき、
10日ごとに、グラフに×点を書き、どれくらいズレているか
チェックします。

7/20は、 \ 線の下なので予定より、いいペースです。

もし食べ過ぎたら、18時間以内に調整します。昨晩食べ過ぎた
ら、朝食を軽くする。(またはプチ断食する。)

逆に今夜は宴会だ、というときは、昼食を軽めにしておく。

18時間以内にリセットすることが脂肪をため込まない秘訣です。 


2012/07/14

レコーディング・ダイエット始めました

          体重    身長    腹囲
20年前(31歳)  72 kg   170 cm   83 cm ?
5/24 (51歳)  87.6 kg   169 cm    103 cm

ということで、遅まきながら、ダイエットを始めました。というか始めて1か月半になります。

ブログに経過を記して、モチベーションが下がらないようにしたいと思います。

ここまで放っておいたのは、自分ではデブという自覚がなかったからです。生活の上で特に困ったこともなかったし、検診結果もそれほど悪くなかったからです。(γ-GTPを除く。これは明らかに酒の飲み過ぎによるもの)

腹囲は、メタボの目安である 85 cm を軽く超えていますが、中性脂肪、血圧、空腹時血糖値ともに、基準値を超えていませんでした。だから、いわゆるメタボではないということで、気にしないことにしていました。

しかし、「人は見た目が9割」といわれるこのご時世、腹をツン出して生きているのは、みっともいいものではありません。

そこで重い腰を上げ、ダイエットに励むことにしたわけです。

最初はネットでダイエット関連サイトを見て回りました。

わかったこと。このダイエットという世界、広くて深い!!


まず、オタク研究家、岡田斗司夫の『いつまでもデブと思うなよ』にならい、レコーディング・ダイエットを始めました。

岡田斗司夫と言えば、1年余りで体重を117kgから67kgへと50kgも減量し、体脂肪率を42%から17%へと落とした人です。その体型変化があまりに「超常現象」的であったことから話題になり、著書がベストセラー(2008年)になりました。前から気になっていた本を、この際、じっくり読むことにしました。

レコーディング・ダイエットとは、毎日体重等の記録をとることで、自然とやせていくというものです。これが、いちばんハードルが低く、続くかなという観点からやることにしました。

自分の場合、毎朝トイレに行ってから、体組成計に乗り、体重、体脂肪率、基礎代謝、BMI、骨格筋率、内臓脂肪レベル、体年齢を記録しています。


途中経過

      体重    体脂肪率 
5/24.......87.6 kg........30.1 %
7/14....... 85.0 ...........29.3
( 8/24....... 81.6............24.9 ) ←目標(3か月後6kg 減)


体脂肪率ってなかなか減らないものですねー。(ため息)


体重 × 体脂肪率 = 体脂肪量
85.0............29.3................24.9


まだ 24.9 kg も脂肪の重りを身につけて生活していることになります。2リットル入りのペットボトルなら、12本分以上。ぞっとします。

体脂肪率の目標は、肥満との境目、 20.0 %を切ることです。


がんばりま〜す!


無料ブログはココログ