« 2014年5月 | トップページ | 2015年4月 »

2014/06/25

リスク・テイカーを育てるには

梅雨空の下、国中に大きなため息を残し、日本のブラジルワールドカップが終わった。 

戦いを重ねるごとに、本来の動きを取り戻しつつあっただけに、残念な結果だった。初戦の負債を最後まで返せなかった。

それにしても初戦、対コートジボワール戦のサムライたちは、半分金縛りにでも遭ったかのように足が重かった。チームが連動して、身体能力の高いアフリカの選手に対抗するはずだったが、後半途中、ドログバがピッチに入ると、一気にムードが変わり、立て続けに「組織」が「個」に粉砕された。

一人一人が少しずつ消極的になると、チーム全体としてゴールに向かう力が相当量目減りする。そのことがよく分かる試合だった。

サッカーにミスはつきもの。しかし、ワールドカップのような大舞台では、ミスは許してもらえないかもしれない。映像にもしっかり残され、語り継がれるかもしれない。代表はそういう恐怖心と戦っていたに違いない。日の丸の重み、初戦の重み、支えてくれた人への恩返しの気持ち、などなど・・・。頭が働くと体はオートマチックに動かなくなる。いわゆる「ゾーン」の反対の状態だ。考えれば考えるほど、体がぎこちなくなる。(岡田元監督が言う「ノッキング」の状態)

失敗を恐れずにプレーしろ、というのは簡単だが、その場合、たとえ失敗してもドンマイ・ドンマイ、次がんばれ、というあたたかい空気が周囲にないと、選手はがんばれない。リスクの高い縦パスを失敗して落胆されるよりは、味方に安全な横パスやバックパスをした方がいいということになる。そうなるとゴールはますます遠のく。

英語に、Nice try!  というかけ声がある。失敗してもその勇気をたたえる発想にもとづくフレーズだ。聞くところによると、イングランドのプレミアリーグには、シュートを外しても外しても拍手をするサポーターが大勢いるという。「失敗を恐れるな、挑戦をやめるな!」というメッセージを送り続けているのだ。

日本にもこういうメッセージの送り方があってもいいのではないか。こういう拍手があれば、果敢にリスクを冒す選手が増え、もっと攻撃的でスリリングな試合が見られるようになるかもしれない。



« 2014年5月 | トップページ | 2015年4月 »

無料ブログはココログ