« こだわる力と継続性 | トップページ | 邪悪な人 »

2014/05/26

信じることから(抜き書き)

・・・人生に何らかの意味を見いだせるかどうかは、その人が心から信じら

れるものをもてるかどうかという一点にかかわってきます。・・・(中略)

・・・何かを信じるということは、信じる対象に自分を投げ出すことであ

り、それを肯定して受け入れること・・です。それができたときにはじめ

て、自分のなかで起きていた堂々めぐりの輪のようなものがプツリと切れ

て、意味が発生してくるのです。これに対して、信じられるものがなけれ

ば、自分一人でぐるぐる回っているだけですから、意味は生まれません。人

の人生というのは、「自分の世界」だけでは決して完成しないようにできて

いるからです。 (姜尚中『続・悩む力』、p.145

« こだわる力と継続性 | トップページ | 邪悪な人 »

自分の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信じることから(抜き書き):

« こだわる力と継続性 | トップページ | 邪悪な人 »

無料ブログはココログ