« 5つの大切10の反省 | トップページ | 濱口悟陵という人 »

2014/05/26

選択試験が性格に与える影響

2013/02/05

センター試験は、マークシート方式のため、数学等を除き選択問題が大半を占める。国語はほとんど5択だ。

社会に出るまでに、いったい日本の子どもたちはこの選択問題を何問解かなければならないのだろう。

 この選択問題が、人の性格に影響を与えているという話を聞いた。

選択問題は、正解がすぐ分かってはいけないので、9割くらい合っている、いわゆる引っかけ問題が1〜2題含まれている。

この引っかけ問題に引っかからないように正解を探す作業を続けていると、

引っかからないように、だまされないように、という「防衛的」性格が形成されるというのだ。

巷には、オレオレ詐欺や押し買いに見られるように、隙あらば金をくすねてやろうという輩がいる。だから、「人を見たら泥棒と思」うことも必要だ。「男は敷居をまたげば七人の敵がある」という古人の教えもある。

しかし「渡る世間に鬼はない」という真逆の諺もある。世間には困ったときに助けてくれる情け深い人もいるのだ。

防衛的性格が形成されると、物事を懐疑的に見たり、関わりを避けるようになるという。

今回の総選挙で、2024歳の投票率は46%だった。政治家の言うことなんて信じられない。どうせ年金はもらえないだろうし・・・ということか? 

選ぼうとしたが、「消去していったら 答えなくなった (拙句)」のか?

いずれにせよ、マークシート方式は若者の性格形成になんらかの影響を与えているようだ。

欧州各国で実施されている「国語」の試験の多くは、論述形式だという。アイルランド人の知人によれば、アイルランドでは、夏休みが3か月あるが、その理由の一つは、教師が生徒の出した作文や小論文を採点しなければならないから、とのこと。真顔で言っていたからたぶん本当だろう。

« 5つの大切10の反省 | トップページ | 濱口悟陵という人 »

教育大問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選択試験が性格に与える影響:

« 5つの大切10の反省 | トップページ | 濱口悟陵という人 »

無料ブログはココログ