« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013/02/27

【漢語を英語で:平等と公平】

平等(な) → equal
  (に) → equally
公平(な) → fair         ▶ フェアと読み替えると違いがわかりやすい。
  (に) → fairly


平等と公平の違いはYahoo!知恵袋のベストアンサーがわかりやすいです。

(例文)全員を平等に扱うことは公平か?
              Is it fair to treat everyone equally?

平等に扱うことが不公平になる(フェアでない)こともあるわけですよね。
例えば、オリンピックに出場する競技種目の中で、メダルが取れそうな有望種目に予算を多く配分しないのは、平等だけど不公平かもしれません。

公平について、日米の大学入試システムを比較した記事がありました。

→ 「日本とアメリカの「公平」は違う」

5つの大切10の反省

NHKの大河ドラマ「八重の桜」で、会津藩の什の誓ひが密かに話題になっています。

というのは、6歳以上の子どもたちで構成される班です。(別に十人でなくてもよい。)小学校の登校班みたいなものでしょうか?

会津の子どもたちは、この什の誓ひを毎日唱えて育ちました。

一、年長者の言ふことには背いてはなりませぬ。
一、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ。
一、虚言(ウソ)を言ふ事はなりませぬ。
一、卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ。
一、弱いものをいぢめてはなりませぬ。
一、戸外でモノを食べてはなりませぬ。
一、戸外で婦人と言葉を交へてはなりませぬ。
ならぬ事はならぬものです

時代にそぐわないものもありますが、3、4、5番目などは現代でも十分
使えそうです。

最近年長者は「上から目線
」だと年少者によく叱られるようになりました

年長者にお辞儀をするのは小学生まででしょうか。中学や高校では、部活などのイングループ(内集団)内では後輩が先輩に対して行いますが、教師にはあまり挨拶しませんね。

逆に年長者である教師の方が、
大声で挨拶したりしています。朝、玄関で生徒をお迎えする学校も多いようです。校長が個人的にするのは構いませんが、他の教員まで何人も並べて出迎えさせるのはいかがなものか。(まるで老舗旅館の歓迎のようです。)


田中角栄の5つの大切、10の反省というのを何かの弾みで知りました。

5つの大切
1.人間を大切にしよう。 
2.自然を大切にしよう。
3.時間を大切にしよう。
4.モノを大切にしよう。
5.国、社会を大切にしよう。

10の反省
1.友達と仲良くしただろうか。
2.お年寄りを大切にしただろうか。
3.弱いものいじめをしなかっただろうか。
4.生き物や草花を大事にしただろうか。
5.約束を守っただろうか。
6.交通ルールを守っただろうか。
7.親や先生など、ひとの意見をよく聞いただろうか。
8.食べ物に好ききらいを言わなかっただろうか。
9.ひとに迷惑をかけなかっただろうか。
10.正しいことに勇気を持って行動しただろうか。

大人にも使えそうです。

もっと「友達と仲良くしなくては

2013/02/25

【万能川柳:老父母】

老父母の 連想ゲームに 似た会話

A conversation between my aging parents sounds like a word association game.

父:え〜と、NHKに出ていた人、なんて言ったかな。[ここからヒント]
50代くらい 作家 男性 名前に「杉」と「栄」が確か入っていたと思う

答え:村上龍 

木偏は合っていたけれど、杉ではなかった。栄はどこから来たんだろう。このヒントで当たったらスゴイ。

アラウンド80の両親との会話は、最高の脳トレ。

2013/02/20

【漢語を英語で:漸次、暫時、随時】

漸次(ぜんじ):しだいに、だんだん →  gradually, little by little

暫時(ざんじ):しばらく、少しの間   →  for a while; for a moment

随時(ずいじ):①その時々、②必要な時にはいつでも [明鏡国語辞典]
                                                  →  any time; on demand
漸次と暫時、読み方も紛らわしいけど、意味も忘れやすい。(←僕だけ?)
随時を any time と読み替えると、スッと入ってきます。随時が、最近よく聞く、オンデマンド(on demand)に近いとは、ちとビックリ。

2013/02/06

【漢語を英語で:訴求】

訴求力 → an appeal

アッピール(アピール)です。こっちの方がわかりやすい!

2013/02/05

選択問題が及ぼす影響

センター試験は、マークシート方式のため、数学等を除き選択問題が大半を占める。国語はほとんど5択だ。

社会に出るまでに、いったい日本の子どもたちはこの選択問題を何問解かなければならないのだろう。

この選択問題が、人の性格に影響を与えているという話を聞いた。

ご存じのとおり選択問題は、正解が光って見えてはいけないので、9割くらい合っている、いわゆる引っかけ問題も含まれている。

この引っかけ問題に引っかからないように正解を探す作業を続けていると、
引っかからないように、だまされないように、という「防衛的」性格が形成されるというのだ。


巷には、オレオレ詐欺や押し買いに見られるように、隙あらば金をくすねてやろうという輩がいる。だから、「人を見たら泥棒と思」うことも必要だ。「男は敷居をまたげば七人の敵がある」という古人の教えもある。

しかし「渡る世間に鬼はない」という真逆の諺もある。世間には困ったときに助けてくれる情け深い人もいるのだ。(「渡る世間は鬼ばかり」というドラマは、社会に出る恐怖心をあおったかもしれない。)

防衛的性格が形成されると、物事を懐疑的に見たり、関わりを避けるようになる。


今回の総選挙で、20〜24歳の投票率は46%だったという。

政治家の言うことなんて信じられない。どうせ年金はもらえないんだろうし…、という気持ちの現れか。

選ぼうとしたが、「消去していったら 答えなくなった  (拙句)」のだろうか。

いずれにせよ、マークシート方式は少なからず若者の性格形成に影響を与えていると思われる。

※欧州各国で実施されている「国語」の試験の多くは、論述形式だという。アイルランド人の友人によれば、夏休みが3か月あるが、その理由の一つは教師が生徒の提出した大量の作文や小論文を採点しなければならないから、ということだ。真顔で言っていたから本当らしい。

【漢語を英語で:特徴、特長】

特徴 → a characteristic; a distinguishing feature [trait]

特長 → a strong point; a strength; a merit; an advantage
[新和英大辞典]

邪悪な人とは

1996年、草思社から出版され50万部売れたという、『平気でうそをつく人たち--虚偽と邪悪の心理学』が文庫本化され、売れ行き好調とのこと。

そこでほこりをかぶった単行本を本棚から取り出し、ざあっと読み返してみた。いじめが社会問題化している現在、何かのヒントが得られるかもしれない…。
----
邪悪な人とは
・自分には非がないと思い込んでいる 
・他者をスケープゴートにする
・自分への批判に過剰な拒否反応を示す
・人の意見を聞かない
・他者に自分が善人と思われることを強く望んでいる
----
なぜそのようなパーソナリティーになってしまうのだろうか?
邪悪な人を救うにはどうすればいいのか?
 
「愛というものは貰った分だけしか人に与えられない・・・(中略)・・・だから愛を受け取ったことがない惨めな人々を救うには、ジャン・ヴァルジャンに象徴される《だれか》が見返りを要求しない無償の愛を《最初》に与えなければならない。
(鹿島茂「映画、レ・ミゼラブルを見て」『読売新聞』 2012.12.27)
 
鹿島氏曰く、これがレ・ミゼラブル(「惨めな人々の意)でユゴーが伝えたかった中心的メッセージである。
 
無償の愛。「信仰が衰えた現代、神ではなく《あなた》が《だれか》に与えなければならない。

2013/02/01

峯岸みなみの坊主頭を見て

朝起きて、何気なくテレビをつけると「スッキリ!!」がやっていて

AKB 峯岸みなみの坊主頭が目に飛び込んできた。

何事かと思えば、お泊まりデートを週刊誌の記事にされたとのこと。

で、これはAKBのルール違反らしい。

そのため反省をこめて頭を丸めた。

男子ならまだ分かるが、女子の坊主頭を見るのは、イタイタしい。欧米人なら、フランス国民が国内のナチス協力者とされる女性を坊主頭にした件を想起するかもしれない。

芸能界で、アイドルは男女交際禁止という不文律があるとは聞いていたが、実際二十歳にもなる女性が、お泊まりがばれたから坊主にするというのは、どうかと思う。

アイドルの追っかけ経験がないので、追っかけの気持ちは分からないが、やっぱアイドルがつきあっちゃダメ??

司会の加藤浩次さんもそのようなことを言っていて、同意見。

テリー伊藤は、プロデューサーの立場だから、アイドルは「国民のおもちゃ」的な発想。ルールに従うのは当然だと言う。予想どおり。

面白かったのは、国際弁護士の八代英輝氏の発言で、「そういうルールがあるのを知っててAKBに入ったんだから、ルールを守らなければ」という発言。ちょっと意外。

この出来事からわかること

     ↓
日本のグループには、そのグループごとにルールがあり、それが絶対である。(時には法律より大事? 欧米と違って訴訟社会ではないので、かなり違法性があってもほっぽらかされている)
ルールとは古い言葉で言えば、だ。そしてその掟は必ず守らなければならない。疑いを持つことも許されない。
たとえそれが、現代社会の常識からずれていたとしても。
(他の例)
・男女交際禁止の校則(校長の裁量で認められているらしい)
・相撲取りの自動車運転禁止
ちなみに、宝塚歌劇団は恋愛禁止ではないそうです。
他に何がある?
・お笑い芸人は、番組制作者を訴えてはならない
というのもありそう。
昨年、スギちゃんが高さ10メートルの飛び込み台からプールに飛び込み、怪我をした。直ったからよかったけれど、半身不随とかになったらどうするんだろう。一筆書かされていて、承知の上やっているのか。(患者が手術前に医者に書かせられるようなものを)
欧米的に見れば(「オーべーか」と言われそうだが)、日本のお笑い芸人やタレントは、人権を相当制限されている。熱湯の入ったプールに海パン一丁で無理やり押し込まれるとか、欧米ではあり得ないだろう。(だから、日本のバラエティーはおもしろいんだけど。)

体罰という暴力

大阪市立桜宮高校のバスケ部キャプテンが顧問の体罰により自殺した事件に端を発し、

駅伝やレスリングなどで有名な他校でも、体罰が行われていたことが露見した。

この問題は、学校だけにとどまらず、

柔道女子の代表選手も監督やコーチから暴言、暴力を受けていた。

少し前には、相撲部屋で新弟子が親方や兄弟子にリンチを受け、死亡する事件もあった。 

まだまだ日本のスポーツ界には、封建的体質が残っている。

時あたかも東京オリンピック招致の真っ最中である。

これを機に、日本のスポーツ界から、選手に暴力を用いて 従順と根性を強いる 指導者を一掃してもらいたい。 

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

無料ブログはココログ