« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

2013/01/31

2012年を万能川柳で振り返る

毎日新聞の3面に毎日18句載る、万能川柳。ちょっと遅れましたが、記録の意味もかねて昨年を振り返っておきます。

入選句から私が気に入った時事句を選ばせてもらいました。*は拙句です。ご笑覧あれ。

  済んでから日食メガネ貰っても

  日本一デカイ日時計スカイツリー

  オウム犯都会の家賃知らしめる

  うまいことゴールの前で目が覚めた

  尖閣はいかにも揉めそな地名です

  消費税シャネルと豆腐は別にして

  オスプレイ菅さんならばきっと乗る

  競争に山師も参加iPS

  トンネルの天井を見る癖がつき

  党の名が全部言えたらボケてない

  野田さんの長いマツゲも悲しそう

 一年中きゃりーぱみゅぱみゅハロウィーン 


ネタに事欠かない一年でした。

それにしても紅白歌合戦で初めてまじまじと見た、きゃりぱみゅのインパクトは凄かった。(白組では、美輪明宏のヨイトマケの唄)

つけまつげの歌、カラオケで歌えるようになりたい!

2013/01/27

【漢語を英語で:福祉】

福祉 → welfare:  the general health, happiness and safety of  a person, an animal or a group [Oxford Advanced Learner's Dictionary]

(広義の)福祉は、健康、幸福、安全の3要素からなることがわかる。
The welfare of a person or group is their health, comfort, and happiness [COBUILD English Dictionary for Advanced Learners]
コウビルドでは、safety が comfort(快適) になっている。
福祉(welware)はもともと、健康、幸福、安全(快適)の3つがととのった状態のこと。
福祉の福も祉も「さいわい」という意味で、戦後、日本国憲法がつくられたときに、welfareの訳語として初めて用いられた。
現在よく耳にする福祉は、「私たちが生活を送る上で困難に遭遇した際、それを解決・緩和するために行われる、公的政策や私的活動」という意味。(狭義の福祉
< source: http://www.geocities.jp/minna1293/index.html >
例えば、福祉国家(the welfare state)とは、「各種社会保障制度の発達した国」のこと。
---
All people shall have the right to maintain the minimum standards of wholesome and cultured living.
In all spheres of life, the State shall use its endeavors for the promotion and extension of social welfare and security, and of public health.

第二十五条(生存権)
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年2月 »

無料ブログはココログ