« 昭和と平成を分かつもの (1) | トップページ | 【万能川柳:教育長】 »

2012/06/22

【万能川柳:ねじれ】

民主党よじれ 国会ねじれ取れ 
Democrats are likely to get divided, which, ironically enough, will help untwist the Diet.

小沢一郎氏は「大増税だけが先行するやり方は国民への背信行為」と言った。

やるべきことをまずやるべきだ、という意見に異論はない。しかし、それは一体いつになればできるのか。違憲状態の議員定数すら放置している政治家に何を期待しろというのか。

増税を喜ぶ人はまずいない。そしてその適切なタイミングなどない。景気が良いときは、税収が十分確保できるので、増税は話題にならない。逆に、今のように景気が悪いときは、増税なんてとんでもない、となる。

政治家は政治家で、選挙のことだけ考えれば「増税」を口に出しにくい。「猿は木から落ちても猿だが、政治家は選挙に落ちたらただの人」だからだ。

確かに日本の消費税率は、他の先進国と比べて低い。だからもう少し上げてもいいという意見もある。

しかし、消費税引き上げで本当に歳入は増えるのか。5%に上げ、その後大不況を招いた橋本龍太郎首相の時と今はどう違うのか。

そもそもこの消費税、日本人に向いた財源なのだろうか?

他国に比べて貯蓄性向が高く、生活必需品の大半を既に持っている多くの日本人は、増税によってますますお金を使わなくなるのではなかろうか。 

それでなくても年金をあてにできず、老後に不安をいっぱい抱えているのに。

小沢氏の発言は正論だ。しかし、やるべきことをやれない政治家ばかりでは、賛成しかねる。(やるべきことの具体的中身も伝わってこない。)

それに、今引き上げの機会を失うと、また何年も棚上げになるだろう。その間、世界からは、適切な選択を果断にできない国として、低い評価を受け続けることになるだろう。 

小沢氏の本意は、十分国民に伝わっているとは言い難い。そんななか「国民」を代弁されても「国民」は当惑するしかない。

単なる政局(権力争い)なのか?(だとしたらさみしい。)はたまた、真に「国民の生活が第一」と考えてのことなのか?

その「国民」というのは、人生の残時間が少ない人だけ指すのか、それともこれから生まれてくる子どもたちも含んでいるのか?

いずれにせよ、政治家ひとりひとりの大局観が問われる局面である。

 

« 昭和と平成を分かつもの (1) | トップページ | 【万能川柳:教育長】 »

万能川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【万能川柳:ねじれ】:

« 昭和と平成を分かつもの (1) | トップページ | 【万能川柳:教育長】 »

無料ブログはココログ