« 【漢語を英語で:俯瞰】 | トップページ | ロンドン五輪、開会式を楽しむために(2) »

2012/06/11

ロンドン五輪、開会式を楽しむために(1)

7月27日のロンドン五輪開幕まであと46日です。 
 
毎回趣向を凝らす開会式がとても楽しみです。

この3時間に及ぶ開会式の芸術監督は、アカデミー賞監督のダニー・ボイル。シェークスピア原作の『テンペスト』にインスパイアされたショーになります。

Boyle described the show's narrative as the recovery of land that has been poisoned by industrial legacy.
(ボイルによれば、ショーの中で語られるのは産業社会の遺産によって汚された国土の再生だという。)

The ceremony will commence /(開会式は始まる) 
with the ringing of a specially commissioned bell /(響き渡る特注の鐘の音とともに

inscribed with a line from The Tempest: /(『テンペスト』から引用された台詞が刻まれた)

"Be not afeard; the isle is full of noises." (「恐れるなかれ、島が喧噪に満ちていても」)

(拙訳、Numan)

« 【漢語を英語で:俯瞰】 | トップページ | ロンドン五輪、開会式を楽しむために(2) »

世界の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンドン五輪、開会式を楽しむために(1):

« 【漢語を英語で:俯瞰】 | トップページ | ロンドン五輪、開会式を楽しむために(2) »

無料ブログはココログ