« A year after the earthquake, building a new Japan | トップページ | 春をさがしに(2) »

2012/04/07

春をさがしに(1)

この冬は、雪がたくさん降り、気温が低い日も多くて閉口しました。こんな冬が毎年続くようだと、移住を考えた方がいいかもしれません。

とはいえ、すぐに移住はできないので、下見もかねて、外房方面へ行って来ることにしました。4泊5日のぶらり旅。車はHondaのMobilio Spike、冬用タイヤのままで。(先週の話なので、記憶をたどりながら書きます。)

旅日記 1日目、3月28日(水)

5時起床、ばたばたしている間に時間は過ぎ、5:59に高速(柏崎IC)にのる。ぎりぎりセーフ。6:00を過ぎると3割引が適用されなくなってしまう。

北陸道→[長岡JCT]→関越道をひた走る。道の側壁には雪がまだびっしりしがみついている。

塩沢石打SAで休憩、朝食(ホットドッグ2本とエスプレッソ)
 ホットドッグは自販機のもの。ケチャップはついているが、マスタードはない。マスタードは冷凍保存に向かないのか? 思っていたより随分小さいが、ダイエット中だからいいか。

ひたすら走る。

ひたすら走る。

上里SAで休憩、ベーカリーでソーセージパンとブルーベリーベーグルを買う。

ひたすら走る。 …久しぶりに見る太陽がまぶしい。(オレはモグラか)

練馬から首都高に入る。外環道→5号池袋線→竹橋から都心環状線→箱崎まで6号向島線→9号深川線→湾岸線

途中、トラック横転事故による渋滞に巻き込まれる。首都高を普段利用している人には、いつものことなのだろうが、旅人にとって、ここでのタイムロスは痛い。腹も減ってくる。トイレにも行きたい…

こうなれば仕方がない。ままよ。なるようになるさ。

長岡ナンバーのお上りさん丸出しで、左右のビルヂングでも眺めながら行くことにするか。

ある全面ガラス張りのビルでは、昼休みとあって、体をくねらせてケータイを使っている男が3人、3階から5階まで縦に並んでいる。人のショーケースみたいに。何を話しているんだろう。

車は一向に進まないが、焦っても仕方ない。それにしても、渋滞の先頭のヤツは一体何やってるんだろう。

時計の針は、1時半を回っていた。

箱崎を抜けてようやく車がばらけ出す。この間、約1時間半のロス。

レインボーブリッジが封鎖されていないことを横目で確認しつつアクセルをふかす。

羽田空港脇、通過…

浮島からアクアラインへ潜る。

海ほたる到着 もう2時を過ぎている。
てんやという店に入り、特製天丼をかきこむ。揚げたてでうまい。やはり揚げ物は揚げたてじゃなくちゃいけない。¥700

Img_1543622_49774450_0

実は、アクアラインが半分海底(トンネル)で半分海上(橋)だということを、今日の今日まで知らなかった。なんとなく、全部橋だと思っていた。

腹ごしらえしたところで、今日の目的地、鴨川へと出発進行!

Dsc00624_convert_20120407185901

To be continued.

 

« A year after the earthquake, building a new Japan | トップページ | 春をさがしに(2) »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春をさがしに(1):

« A year after the earthquake, building a new Japan | トップページ | 春をさがしに(2) »

無料ブログはココログ