« 春をさがしに(12) | トップページ | 【万能川柳:演技力】 »

2012/04/17

春をさがしに(13)最終日

旅日記 5日目=最終日 4月1日(日) 会津若松 

7時30分起床。シャワーを浴びてから、レストラン「マンマミーア」で朝食。バイキング。

メニュー: フレッシュサラダトマト、胡瓜、季節のフルーツ、お新香、旬のおひたし、のり納豆梅干、ヨーグルト、ハム、ベーコン、ソーセージ焼き魚2種類、煮物卵料理、温野菜、パン4種類、お粥、御飯カレー味噌汁こづゆ、オレンジジュー ス、トマトジュース、牛乳、コーヒー、紅茶、ほうじ茶 (選んだのは下線のついているもの。食べ過ぎ)

※こづゆは会津の郷土料理。ホタテの貝柱と椎茸からダシを取り、里芋、人参、糸こん、キクラゲ、ぎんなん、豆麩などを加えたしょうゆ汁。新潟でいえば、のっぺい汁のようなものか。

・福島県立博物館 (¥260 + 企画展 ¥500)

鶴ヶ城北東部にある三の丸駐車場(¥300 2時間まで)にとめる。ここだと、県立博物館と鶴ヶ城の両方に歩いて行ける。

常設展は、原始時代から年代別に展示されている。団体客に紛れ、ガイドの解説に聞き耳を立てる。

古代の部屋には、会津大塚山古墳から出土した、三角縁神獣鏡が展示されていた。確かに縁の断面の形が三角形になっている。東北地方唯一、日本最北の資料とのこと。

Images1

中世の部屋では、源頼朝の奥州藤原攻めの資料がまとめられている。

近・現代の部屋では、戊辰戦争、自由民権運動で活躍した福島県人の様子が分かる。先進的な地域だったことがわかる。

企画展は、「小さなもの集まれ!」ということで、雛道具や古民家のミニチュアなどが並べられていた。

・鶴ヶ城天守閣 (¥500)

Dsc00681_convert_20120417174729

城内が博物館になっていて、会津の歴史を学びながら上へ上がっていく。三層にある「錦絵で描く会津戊辰戦争」には、白虎隊の悲劇が描かれている。19士の肖像画がなまなましい。

五層が最上層で、城下町会津を全方位見渡すことができる。

昼飯は、第1日目に上里SA(埼玉県)で買い、まだ食べていなかった(!)ブルーベリーベーグルと昨夜お持ち帰りした地鶏の唐揚げで済ませた。

・会津藩校日新館 (¥600)

実際あった場所ではないが、当時の建物を忠実に復元している。白虎隊員が何を学んでいたのか興味津々。

身分が一定以上の武士の子は、十歳になると入学する。学問は儒学中心で、教科書は論語、孟子、大学、中庸、詩経、小学などを用いる。武芸は、弓、馬術、やり、刀、柔術、砲術などで、文武両道を目指す。

教育の基本として、「什の掟」(じゅうのおきて)がある。「什」は10人くらいの子どものグループを指す。 

一、年長者(としうえのひと)の言ふことに背いてはなりませぬ

二、年長者にはお辞儀をしなければなりませぬ

三、嘘言(うそ)を言ふことはなりませぬ

四、卑怯な振舞をしてはなりませぬ

五、弱い者をいぢめてはなりませぬ

六、戸外で物を食べてはなりませぬ

七、戸外で婦人(おんな)と言葉を交へてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです

この「什の掟」は、小学校の教科書(東京書籍の『新しい社会6上』)に原文のまま取り上げられた。現在の教育にも生かせる価値があるということだろう。

このうち、二、三、四、五あたりは、現代っ子にも教えるべき項目だ。(一は年長者による。その人の言が正しいかどうか、見極める眼力を育てることがむしろ重要。二は上下関係にかかわらず挨拶すべき。六、七は現代にそぐわない。)

会津の歴史のパワーに圧倒され、夢中になっていたら、4時を過ぎていた。今日の宿は自宅。帰らないといけない。

その前に、喜多方ラーメンを一杯食べておかなくては。

・めん屋 河京 チャ玉ラーメン (¥780)

チャーシューをチャと略すとは…。(チャ=茶と思ってしまうのはオレだけ?)麺は、太めの平打ち縮れ麺。スープは、煮干しがほんのり香るすっきり醤油味。おいしくいただきました。

4泊5日の旅もいよいよ終わりに近づいてきた〜。

4時40分、SAMURAI CITY 会津若松をあとに、一路ふるさと新潟へ向かう。

   会津若松  ー<磐越道>→新潟中央IC  ー<北陸道>→  柏崎

20120417_170439

6時50分、柏崎着。

7時15分、はんばきぬぎ開始。

※「はんばきぬぎ」とは、新潟県の方言で、打ち上げのこと。その昔旅人は、すねに脚絆の一種、「は(ん)ばき(脛巾)」を巻いていた。それを旅の終わりに脱ぐことから。

つまみ:
-  鴨川の魚の干物
-  千葉の塩ゆで落花生

酒:
-  会津の末廣(純米吟醸)

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

全走行距離:981キロ
高速道路料金: ¥9,050(往 ¥6,950  復 ¥2,100)
ガソリン代(リッター14キロで計算): ¥11,000
宿泊費(4泊):¥22,305
その他、飲食代、入館料、駐車代、お土産代:¥15,000くらい?
---------------------------------------------------------------------------------
総計:約 ¥57,000 (ん〜、まあたまにはいいか〜)

鴨川で、心からもてなしてくれた Nちゃん、旅先で出会った人たちに感謝します。… さあ、次はどこへ行こう? (完)

 

« 春をさがしに(12) | トップページ | 【万能川柳:演技力】 »

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春をさがしに(13)最終日:

« 春をさがしに(12) | トップページ | 【万能川柳:演技力】 »

無料ブログはココログ