« 【万能川柳:流されないと】 | トップページ | 【新出語:メメント・モリ】 »

2012/01/16

政治の最優先課題

今、政治にj求められる最優先課題は、東日本大震災の復旧復興ではなく、エネルギー政策の転換でもない。円高対策でもない。(とあえて言いたい。)

それは、少子化対策である!

第2次ベビーブーマーが高齢者になる、平成62年(2050年)には高齢者一人を若者一人が支える国になるという。そうなれば、税収の確保、社会保障制度の維持が難しくなる。

子ども手当といったお金のばらまきではなく、もっと抜本的な少子化対策が必要だ。(フランスの成功例が参考になる。事実婚を制度的に認めるのは日本社会では難しいが。)

残念ながら日本人は、他の先進国に比べ、長期的視野に立った計画力が劣っている。その場しのぎ、行き当たりばったりが得意なのだ。先を見通して今何をすべきかという観点に欠けている。それに比べ狩猟民族は、将来への備えがしっかりしている。 

このことは、アメリカに2年間留学した際、強く感じた。多くのアメリカ人学生は、オーガナイザー(システム手帳のようなもの)を常に携行し、週末のj計画を、それも2か月先くらいまで、きっちり埋めているのだ。そして週末を楽しむために、週日、集中して勉強する。(趣味が「寝ること」、というアメリカ人はまずいない。)

政治家には、国家百年の計をしっかりたて、日本の将来(=自分の死んだあと)に対して責任ある行動をしてもらいたい。

繰り返しになるが、少子化対策が、喫緊の課題なのである。

« 【万能川柳:流されないと】 | トップページ | 【新出語:メメント・モリ】 »

中年の主張」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治の最優先課題:

« 【万能川柳:流されないと】 | トップページ | 【新出語:メメント・モリ】 »

無料ブログはココログ