« 【万能川柳:9.11】 | トップページ | 漂流するガラパゴス島 »

2011/11/01

日本のユネスコへの拠出割合

UNESCOがパレスチナの加盟を認めたことに対し、アメリカは遺憾で時期尚早だ(regrettable and premature)と反発しました。イスラエルとつながりの深いアメリカとしては、まあそういう立場なのでしょう。

日本はアメリカに賛成せず、投票を棄権しました。アメリカはユネスコへの拠出金を凍結すると言い出しました。アメリカの拠出金の割合は全体の22%で世界第1位です。…と、ここまで報じてNHKは次のニュースに行きました。なぜ? なぜ、日本の拠出金の割合を言わないのか? 

仕方ないから調べました。2010年 1位アメリカ22.0% 2位日本12.5% 3位ドイツ8.0% 4位イギリス6.6% 5位フランス6.1%です。日本は43億2千万円、拠出しています。…アメリカのことだけ取り上げ、我が国のことを一切言わないNHKとはいったい何なのでしょうか? 

棄権とはいえ、日本がアメリカと違う立場を示したことを評価したいと思います。

« 【万能川柳:9.11】 | トップページ | 漂流するガラパゴス島 »

日本の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本のユネスコへの拠出割合:

« 【万能川柳:9.11】 | トップページ | 漂流するガラパゴス島 »

無料ブログはココログ