« 【新出語:ルサンチマン】 | トップページ | 【抜書:公・私・公共三元論】 »

2011/11/28

バーリンホウと上海の家庭教育

【参加イベント報告】
11月27日(日)に、J市民プラザで開かれた講演会に行ってきました。

「中国の新人類、八十后(バーリンホウ)を語る」(講師:王しん=金が3つ)

まとめ:
1979〜 一人っ子政策 80〜89 生まれ = バーリンホウ          2億2千万人(総人口の14%)

バーリンホウの特徴:一人っ子、自己中心的、ネット中心の生活、開放的な思想、競争の世代               
四川大地震の際、ボランティアとして大活躍


蟻族のほとんど(大学卒業後、職に就かず集団で暮らす若者たち)
大卒の3分の1以上が就職していないというデータがある。

上海の家庭教育(小中高)                
 子どもに家庭教師をつけている 46.5%        
 子どもに留学を希望する    47.2 %          
 子どもに大学進学を希望   92 %          
 子どもにかけている教育費 総収入の23.6%       
 子どもの睡眠時間 7〜8時間(東京9時間)



※上海の子どもたちはPISA国際比較テストで世界1位



上海市教育委員会のパンフより。子どもの絵の吹き出しに入っている言葉。( )はぬうまんの言い換え 
       
・私を抱っこして成長させないでね!(私を甘やかさないでね。)一人っ子なので小皇帝あるいは小公主(プリンセス)として育てられている。一人っ子は6つのポケット(=父方の祖父母、母方の祖父母、父、母)を持つといわれる。               
・私に民主的家庭雰囲気がほしい!(大人がなんでも決め、子どもに決定権がない)        
・私は遊びたい!(勉強や習い事で忙しい)       
・私は友達が欲しい!(大人ばかり周りにいて、同世代の子どもと遊ぶ機会が少ない。)

                            
 中国の今がよく分かるお話でした。    

« 【新出語:ルサンチマン】 | トップページ | 【抜書:公・私・公共三元論】 »

世界の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーリンホウと上海の家庭教育:

« 【新出語:ルサンチマン】 | トップページ | 【抜書:公・私・公共三元論】 »

無料ブログはココログ